情報開示

 当院は、利用者の皆様に、安全・安心な病院として信頼され続けるために、治療方針を理解していただき、共同して病気を治療していくことが必要だと考えています。
 その為、保有個人データの開示請求に応じていますが、利用者の皆様のプライバシーを保護する為に下記のような手続きをお願いしております。

1.保有個人データの開示を請求出来る方は下記1〜4の方に限られます。
  1. 当院利用者本人
  2. 法定代理人又は任意代理人の方
  3. 遺族(法定相続人)
  4. その他:当院管理者が必要と認めた場合、家族等に開示する場合があります。

2.情報開示の手続き

  1. 当院事務室に申し込んでください。
  2. 開示対象者の確認をいたします。
    (本人の場合) 運転免許証、健康保険の被保険者証など
    (法定代理人) 法定代理人であることを証明する書類
    (任意代理人) 本人の委任状、又はその他委任を確認できる書類
    (遺族) 被相続人である死者の除籍謄本及び利用者の戸籍謄本
    その他利用者が相続人であることを証明する書類
    (家族等の場合) 本人の同意書又は家族等が確認できるもの
  3. 書類(開示請求書)の記入
  4. 開示が可能かどうか委員会で合議の上決定いたしますので、請求があったその日の開示には応じられません。
  5. 開示の請求があった日から起算して、外来休診日を除いた2日以内に開示するか否かご連絡します。
  6. 訴訟を目的とする場合には上記の方法ではなく、弁護士を通じて一般に行われている法的な手続きを取ってください。

3.情報の提供には閲覧と複写とあります。

    閲覧は、当院が指定した場所でお願いします。
    複写が必要な場合には、当院がカルテの複写を取ってお渡しします。費用は健康保険の適用ではありませんので、実費をいただきます。

4.情報開示できない場合

  1. 請求者の確認が出来ない場合
  2. 症状が重く提供された診療情報が、理解できないと考えられる場合。
  3. 病院及び施設の業務の適正な実施に著しい支障を及ぼすおそれがある場合
  4. 本人または第三者の生命、身体、財産その他の権利利益を害する場合
  5. その他提供を不適当とする相当な事由がある場合

5.開示できる保有個人データは、開示請求の日から5年以内のものに限られます。


<情報開示フロー>




注)記憶媒体への書き込みは行っておりません。


Copyright(C) Katakura hospital.All rights reserved.